9月は「ゲーム株強化月間」

皆様、こんにちは。本村健です。

わたしが小学生の頃、ゲームのはしりで「ブロック崩し」が出ましたが、あの時代、爆発的なヒットで喫茶店やゲームセンターで100円玉を積み上げて熱中していたのを思い出します。

その後に、「インベーダーゲーム」が登場し、こちらも社会的なブームとなり中学生の頃には、任天堂から発売された家庭用ゲーム機「ファミコン」に誰しもがのめり込みました。

時代は流れましたが、現在も誕生日にはゲーム機をねだる子供が多く、人気は高まるばかり。スマホゲームの登場もありタイトルは増え続けています。

昔は母から、ゲームばかりやっていると勉強が疎かになり馬鹿になると良く怒られましたが今の時代、一概には言えないのではないでしょうか。

ゲームの強い子は「eスポーツ」へ参加し、海外で優勝すれば賞金は莫大な金額になります。

「ゲームクリエイター」になり、ゲームソフトが爆発的なヒットになれば多額な報酬が得れれます。

そんなセンスのある子供を持つと、勉強なんかしないでゲームをやりなさいと言う親も出てくるかもしれませんね!笑

株式投資を成功させるために…弊社アナリストにお任せください‼

9月は「ゲーム株強化月間」

さて、親御さんだけでなく、どうやらわたしたちもゲームに対する見方を変えるタイミングがきたようです。

今週、ジャカルタで行われているアジア競技大会において、eスポーツが正式種目として取り上げられ、世界的に認知度が向上しました。

個人投資家の多くは、みんなが相場に乗りやすい材料で短期で利ザヤを稼げるものを求めています。

それは、プロの投資家や株式ディーラーも同じでわかりやすいものが物色されるだろうと言うのがわたしの見解です。

だからなんだと思う方も少なくないでしょうが、誰にでもわかる、わかりやすい材料というのが大事なものです。

なぜなら、買いの主体が個人投資家であり、プロから見れば単純な思考をしているのであれば、狙う側としても余計なひねりはいらずに素直にわかりやすい物色を進めた方が得策でしょう。

だからこそ、今回のeスポーツの認知度向上に加えて、9月20日から幕張メッセで予定されている「東京ゲームショウ2018」が“ゲーム株”反転の契機になるのではと考えています。

今年の東京ゲームショーでは、「eスポーツ」「動画配信」を強化し、VR(仮想現実)AR(拡張現実)MR(複合現実)製品の出展も話題になる模様。

動意付く前に先回りして、東京ゲームショウの前にゲーム株を買う。

方向感に欠ける相場を前に不安を感じるのは皆一緒。

だからこそ、わかりやすく、自分が一番投資しやすい材料についていきたくなるものですよ。

という訳で、今日は「ゲーム株強化週間」として「気になる銘柄」でもゲーム株を取り上げます。

話題の銘柄 Pick UP:【6033】エクストリーム

スマホゲームの開発支援を行う。自社でゲーム開発しライセンス供与もする【6033】エクストリーム

中国でIOS版の配信が開始されたスマートフォンゲーム「ラングリッサー」のロイヤルティー収益が同社の業績に寄与されるのではとの思惑から材料視されています。

先月は、閑散とした相場展開と言う事もあり行き場を失った投機筋が損失覚悟の上でレバレッジを利かせてデイトレをしているようです。

株価を見ると、5月21日に付けた年初来安値の1221円から、わずか3か月で「デンバガー銘柄」(株価10倍。爆発的に上昇する銘柄)に変貌しているのもやはり「ゲーム関連株」です。

まれにこういう化ける株が出てくるから、まさにドリームで株はやめられないですね!

正直な所ここまで動くと、一般投資家の方は手が出ません。

PERは300倍近辺に接近。既に現値は高値圏にあり、信用取引に絡む「担保不足」が発生すれば株価に影響を及ぼすので、勝負師の投資家の方は取り扱いには十分ご注意ください。

個人的に気になる銘柄

今週は【3765】ガンホー・オンライン・エンターテイメントに注目です。

スマホゲーム最大手。「パズル&ドラゴンズ」が大ヒット。PCオンラインゲーム、家庭用ゲームも展開する企業です。

上記で述べました、「東京ゲームショウ2018」で2019年春に同社が発売を予定している、ニンテンドウドースイッチ向けのアクションゲーム『Ninjala』を日本最速体験できます。

国内初のプレイアブル出展となり話題を集めそうです。

その他、100万ダウンロードを突破した妖怪探索位置ゲーム『妖怪ウオッチワールド』の出展や、ガンホーブースステージで賞金総額1000万円の「パズドラチャンピオンカップTOKYOGAMESHOW2018」を行う予定です。

PERは8倍台と割安感もあり、一株利益は28円。

1か月スパンの短期目線で注目しています。短期投資の方は、買値から10%上昇したら、利確を進めて下さい。興味のある方は、「押し目買い」で狙ってみて下さい。

200円割れにロスカットを入れ、目先、目標株価の280円狙いで注目しています。

それでは、また来週お会いしましょう。本村健でした。

The following two tabs change content below.
本村健

「株をやるなら必ず勝て!」投資道場を連載中!

一成証券(現三菱UFJ証券)、高木証券にて株式・債券・投信・先物等を幅広く取り扱っていた元・証券マン。投資にまつわる深い知識を武器にした「潮目を読む力」には定評あり。

風貌からは想像がつかないが“攻める”投資を得意としており、中でも材料やテーマ株に対する嗅覚は一級品。好物はビールを始め酒類全般。 「投資の達人」としても知名度が高く、現在は株マイスターで毎週土曜に『本村健の投資道場』を連載中。

>>株マイスター会員になれば、コラム公開時にメールでお知らせを受けられます!