“真”の「令和関連株」はドレだ!?

4月1日、11時30過ぎ。遂に新たな元号「令和」が発表されました。

5月1日には皇太子さまが即位されますが、天皇陛下の退位は約200年ぶりとあって、祝賀ムードはまだまだ続くでしょう。

発表前には特需期待で結婚関連印刷関連などに関心が集まっていましたが、発表後は新たなテーマに資金が流れていきそうです。

そこで今回は、“真”の「令和関連」となりうる銘柄に目を向けていきたいと思います。

エンタメ業界が湧く

元号が発表されてから間もなく、DJ集団レペゼン地球が新曲「令和」を発表。Youtube総再生回数は160万回に達しています。(4月4日現在)

また、ロックバンドGLAYは5月から始まるツアーについて、「GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL- 令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE」と題しており、新曲は「元号」でリリースする予定です。

中でも話題をさらったのがゴールデンボンバー。新曲「令和」を即座にレコーディングし、すでに配信が開始されています。【9468】カドカワが運営するニコニコ動画ではPVが投稿されており、4月3日の音楽総合順位では3位を獲得しています。

ここのところユーザー数が減少していたニコニコ動画ですが、ゴールデンボンバーを含め改元にあやかった動画が増加すれば、巻き返しが図れるかもしれません。

「令和」争奪戦はじまる

インターネット上の住所にあたるドメインに関しては早速取り合いが始まっており、【9449】GMOインターネットが運営する「お名前.com」では、「reiwa」に関連するドメインはほぼ完売状態とのことです。

一方、商標登録については、今年1月に特許庁が新旧の元号を登録できないという審査基準を明確化しています。

ただ、過去の元号を見ると、【2269】明治の「明治おいしい牛乳」など明治関連が55件、【4581】大正製薬HDが「大正めぐり整腸錠」など大正関連が41件と例外もあります。

実は一般的に認知されているものであれば、登録も可能なケースがあるのです。

会社名の登記時に新元号を入れることは自由なため、会社自体にネームバリューが付けば、初の「令和」商標登録が受け入れられるかもしれません。

関連グッズ続々…

【2579】コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスは、新元号発表直後に「令和」の文字入りコーラを新橋で無料配布。2000本だけ用意されたレアな商品です。

【7867】タカラトミーはボードゲーム「人生ゲーム」の新商品として、「人生ゲーム+(プラス)令和版」を6月に発売することを発表。ちなみにサブタイトルは「目指せTOPOFインフルエンサー」となっており、時代の最先端を行く内容となりそうです。

また、【9202】ANAの格安航空Peach Aviationは、新元号が決定したことを受けて、「新元号決定!!『令和』SALE」を4月3日22時にスタート。7日までの間に売上が急増するでしょう。

今後4月末までは「平成最後」、5月からは「令和最初」などの枕詞により、さまざま商品、サービスが展開される事でしょう。サービス業小売業には注目です。

一方、これまで物色されていた関連銘柄に関しては確定売りが出る恐れもあります。持ち株でご不安がある場合は、一度サポートデスクまでご相談下さいませ。

The following two tabs change content below.

株マイスターのレポートやコラムを執筆しているアナリスト陣&サポートスクスタッフです。“個人投資家第一主義”という理念のもと、「タイムリーな情報」の惜しみない配信と、一人ひとりの投資スタンスや資金状況に応じた「的確なアドバイス」を心がけています。

『株マイスター』では、業界でも先駆けて設置したメールでの『無料銘柄相談』に留まらず、『サポートデスク』は携帯電話からも利用できるフリーダイヤルを導入。アナリストと直接会話することができるので、保有株の相談をはじめ、サービスに関する質問など、気軽にお問い合わせ下さい。

>>テーマ株のことなら、株マイスターにお任せください!